【古物商許可証】三重県公安委員会:551100083800号
             All Right Reserved(c) Copyright 2007 auction-lico.Co.Ltd

トップページ
こんな経験は?
出品までの流れ
落札例
料金システム
支払方法
手数料
メリット・デメリット
ご利用規約・注意事項
紹介サービス
高値落札へのヒント
預かり可能地域
会社概要
お預かりできないもの
リンク
落札商品紹介
お問い合わせ
こんな経験は?
トップページでも少し書かせていただきましたが、ここではもう少し
『こんな経験はありませんか?』
を、お話したいと思います。
要らなくなったおもちゃや、もう着ることのない古着、溜まってきた古本や中古のゲーム…。
他にも色々あると思うのですが、こういうものが出たときあなたのおうちではどのように処分しますか?
私の経験で言いますと、おもちゃや古着はリサイクルショップへ、本やゲームは専門の買取店へ持っていく→買い取ってもらえなかったら捨てる
…といった処分方法でした。
そのとき、びっくりするような買取価格を店側は提示してきます。
私:。。oO(あまりにも安い!!)
と、思ったので
私:『これ新品なんだけど』
店:『型落ち商品や、人気薄の商品はコレくらいの値段です』
私:『じゃあこれはなんでこんなに安いの?』
店:『少し着用感が…』
なんだかんだでたいした値段はつきません。
でも、【どうせ捨てるもの】として客が持ってきていることを店側はわかっています。
1ヶ月ほど経ち、再度来店した際に
『売られてるかな〜?』
と、興味本位で覗いたところ1着あたり平均1,000円ほどで売られていました!
びっくりです!
その2ヶ月後ヤフーオークションに出逢いました。
最近はよくテレビなどで目にすることがあるのではないかと思います。
私の最初の出品は、子どものおもちゃでした。
散々遊んだ中古品でしたが箱も説明書も取ってあり、定価3,500円の商品が1,100円で売れました。

そのときの喜びは今も忘れられないです!
この1つの商品をきっかけに、不用品を売り続けてきました。
そこで思ったんです。

きっと私のようにリサイクルショップや、ゲーム・古本の買取店などでびっくりするような安値を言い渡されて引き下がっている人が近くにもたくさんいるのではないか?と。
あなたのおうちに眠っているお宝になるかもしれない商品
当社に売らせていただけませんか?